運営Management

資産運用とはAsset Management

資産運用(しさんうんよう)とは、自身の持つ資産を貯蓄・投資し、効率的に資産を増やしていくこと。



資産運用の必要性

「貯蓄から投資へ」という言葉を耳にしたり、目にする機会が増えています。
これは、大切なお金を低金利の預貯金に眠らせるのではなく、元手として積極的に働かせる努力が必要になってきたということ。
ではどうして今、「投資」が求められているのでしょうか?
その背景を理解するために、時代を遡って一緒に考えていきましょう。


貯蓄でお金が殖えた時代

CLVコンサルタント|運営

子供の頃にもらったお年玉。皆さんはどのように使っていましたか?
ゲームやマンガ、洋服など、欲しいものはたくさんあるけれど、「無駄遣いしないで貯金しなさい!」と親に言われ、銀行や郵便局に預けていた人も多いはず。

金融の世界で「貯蓄」と呼ばれるこうしたお金は、かつては高い金利のおかげで「ただ預けているだけ」で殖えていきました。

高度経済成長期を迎え、日本が先進国へと駆け上がっていたころの話です。


超低金利時代を迎えて

CLVコンサルタント|運営

その後も日本経済は順調に成長を続け、1989年末には日経平均株価が最高値(38,915円87銭)を記録。
まさしく、順風満帆な経済情勢だったといえるでしょう。
ところが90年代に、状況は一転。
バブル経済が崩壊し、華やかなりし時代は息をひそめてしまいます。
地価や住宅価格の急落などにより不良債権が拡大し、大手金融機関も相次いで破綻に追い込まれてしまいました。戦後初のマイナス成長を余儀なくされ、日本銀行はゼロ金利政策を敢行。
低金利時代の幕開けとともに、銀行や郵便局に「ただお金を預けているだけ」では、貯金はなかなか殖えなくなってしまいました。


CLVコンサルタント|運営



漠然とした将来への不安……

恒常化する低金利時代に加えて、気にかかるのは将来の「年金」のこと。
日本の年金制度は基本的に、今の現役世代から集めた掛金を今の年金世代に渡すしくみになっています。
ところが日本では「少子高齢化」が急速に進んでいるので、現役世代が減り、年金生活者を支えることが難しくなってきています。老後の生活費を年金だけに頼るのは難しそうです。
事実、老後の生活について不安を抱える人は、じわじわと増えてきています。

CLVコンサルタント|運営



自分の「将来」を、自分で考える時代へ

これまで見てきたように、低金利時代で貯金だけではお金が殖えない、年金にも頼れそうにない、そんな時代に私達は生きているようです。 そんな時代でも、人生を歩んでいけば、例えば、結婚、子供の誕生、住宅の購入、子供の教育、老後、...といったお金のかかるイベントが待ち受けています。 具体的にこれらのイベントにはどのくらいお金がかかるのでしょうか? たとえば、婚約・結納から新婚旅行までにかかる「結婚費用」の平均は500万円、幼稚園~大学まで「子ども1人にかかる学習費」は、すべて国公立に通った場合で1000万円程度・すべて私立に通った場合で2300万円程度、「夫婦2人がゆとりあるセカンドライフを送るために必要な生活費」の平均は月額約38万円......といった調査結果があります。

CLVコンサルタント|運営



ライフイベントにかかるお金の一例

ライフイベントと費用項目 必要なお金の平均額



▼ 結婚

CLVコンサルタント|運営

婚約・結納から新婚旅行まで(首都圏平均) 約500万円※1

▼ 子どもの教育 ※2

CLVコンサルタント|運営

幼稚園の学習費(年額)公立で約22万2千円、私立で約49万8千円
小学校の学習費(年額)公立で約32万2千円、私立で約153万6千円
中学校の学習費(年額)公立で約48万2千円、私立で約133万9千円
高校の学習費(年額)公立で約41万円、私立で約99万5千円
大学の学習費(年額)国公立で約114万円、私立(文系・理系平均)で約187万円 ※3

▼ 住宅の購入

CLVコンサルタント|運営

物件別の平均購入価格(いずれも新築)
土地付注文住宅では約3,898万円
建売住宅では約3,320万円
マンションでは約4,250万円 ※4

▼ セカンドライフの生活費

CLVコンサルタント|運営

夫婦2人の日常生活費(月額)
最低限必要だと思う費用は
約22万円
ゆとりある生活に必要な費用は 約38万円 ※5

※1 出所:リクルート結婚情報誌ゼクシィ「結婚トレンド調査2016」
※2 出所:文部科学省 平成26年度「子供の学習費調査」
※3 出所:日本政策金融国庫 平成27年度「教育費負担の実態調査(勤務者世帯)」
※4 出所:住宅金融支援機構2015年度「フラット35利用者調査」
※5 出所:生命保険文化センター 平成28年度「生活保障に関する調査」

これまで見てきたように、低金利時代で貯金だけではお金が殖えない、年金にも頼れそうにない、そんな時代に私達は生きているようです。 そんな時代でも、人生を歩んでいけば、例えば、結婚、子供の誕生、住宅の購入、子供の教育、老後、...といったお金のかかるイベントが待ち受けています。 具体的にこれらのイベントにはどのくらいお金がかかるのでしょうか? たとえば、婚約・結納から新婚旅行までにかかる「結婚費用」の平均は500万円、幼稚園~大学まで「子ども1人にかかる学習費」は、すべて国公立に通った場合で1000万円程度・すべて私立に通った場合で2300万円程度、「夫婦2人がゆとりあるセカンドライフを送るために必要な生活費」の平均は月額約38万円......といった調査結果があります。


貯蓄型資産運用 編集

普通預金 ・・・銀行に資産を預け、その利子により資産を増やす方法。
定期預金 ・・・資産の預入時に預入期間を決める預金。普通預金よりも金利がいいが、預入期間を満了するまでは引き出すことができない。インフレになると経済価値が下がる。
貯蓄預金 ・・・貯蓄残高によって金利が設定される預金。
外貨預金 ・・・上記預金方法を外貨を用いて行う方法。為替相場の影響が大きく、通常の預金よりもリスクが高い。


投資型資産運用 編集

株式投資 ・・・公開されている企業の株を売買することで利益を狙う方法。
投資信託 ・・・日本を含む各国の株式や債券、不動産等を運用する投資信託へ投資する方法。
オプション取引 ・・・ある原資産について、あらかじめ決められた将来の一定の期間において、一定の価格で取引する権利を付与・売買する取引。
先物取引
外国為替証拠金取引(FX) ・・・
少額の証拠金を預託し、差益決済による通貨間の売買を行い差益を狙う取引。
個人向け国債 ・・・国が発行する債券(国債)に投資する方法。
社債 ・・・会社が発行する債券に投資する方法。
不動産投資 ・・・土地や建物(例:マンション、アパート)など、不動産に投資する方法。
金投資 ・・・日々変動する金に投資し、売値と買値の差益を狙う方法。


資産運用の種類とは?

• 人生100年時代、どのくらいお金がかかる? • 資産運用の種類とは? 超低金利が続く今、人生でかかるお金をそのまま預貯金のままで増やすのは難しいです。資産運用のはじめ方やどのように準備するのか、資産運用の種類分かりやすく解説します。 運用するお金を決める~お金に役割を持たせよう~ 生活費などの支出に充てるお金以外は、当面は使わないお金として預貯金にすることが多いと思います。お金の役割にあった運用のバランスを考えることが必要です。

CLVコンサルタント|運営




資産運用の世界でのリスク

一般的に「リスク」という言葉は、「危険」という意味でつかわれていますが、資産運用の世界では、「リターンの振れ幅」のことを意味します。

CLVコンサルタント|運営

リスクとリターンの関係



リスクが高い運用

大きい収益が期待できる反面、大きな損失が発生する可能性もあります。 リスクが高い運用 大きい収益が期待できる反面、大きな損失が発生する可能性もあります。 リスクが低い運用 期待できる収益は相対的に小さくても、リターンの変動幅も小さくなる傾向があります。



金融商品のリスク・リターン

どの金融商品にもリスクとリターンがあります。代表的な金融商品をリスク・リターンの関係に並べてみると下記のようにイメージできます。


CLVコンサルタント|運営

※上記のリスク・リターンはイメージであり、将来の運用成果を約束するものではありません。